happy time

【虎屋】上生菓子

0
とらやさんの、季節の上生菓子を。関西で手に入れられるのは京都だけなのです。★桜餅『薄くのばして焼いた生地で御膳餡を包み、塩漬けした桜葉で巻きました』虎屋の桜餅は長命寺タイプ。生まれも育ちも関西の私ですが、桜餅はこちらのタイプのほうが好きなんです。生地から桜の風味がふわっと、シンプルな小麦の生地で、葉っぱの塩っけがしっかりと。中のこしあんは甘さ控えめ、とってもなめらか・・・なめらかなこしあんとちょっ...

【たねや】上生菓子 惜春菓

0
今月のたねやさんの上生菓子です。★湖水春望『水鳥も夢見ごごちに春の湖』波もおだやかな湖にうかぶ鳥たちのかげ。ゆらゆらまどろむ水鳥を薯蕷煉切で仕上げました。こし餡・薯蕷練切製いつもの練切さん。すごく涼しげで、かわいい(*'ω'*)★花いかだ『ゆく春に届かぬ腕のさみしさよ』らんまんと咲く花も、やがては水面の花いかだ。流れゆく春をうす紅色の薯蕷羹であらわしました。薯蕷羹たまにこういう羊羹がきますね。つるんとのど...

【たねや】上生菓子 春らんまん

0
今月のたねやさんの上生菓子です。★花のたより「幼子の手にくるみたる里桜」春風の届けたひとひらの花は、ちいさな季節のたより。うす紅色の薯蕷煉切を、ふくよかな桜に仕上げました。こし餡・薯蕷練切製いつも思うけど、たねやさんのこの定番の練切×こし餡はすごく美味しいのです。しっとりしてて、ほわんと小豆が香って、しつこくなくて。ほんと、幸せな気分になれます。★舞胡蝶「ひらりひら菜種の花と見まごうて」たおやかに舞...

【たねや】上生菓子 鄙の春

0
今月のたねやさんの上生菓子です。★花衣「花時をまぶたの裏に待ちのぞみ」桃が咲いたら、桜が咲いたら、晴れやかな衣でお花見に。袖とおす日を待つ花衣をこなしであらわしました。こし餡・こなし製こなしとは、白餡が入った生地のこと。し~っとりしてて、白餡の風味がほわ~ん❤中のこし餡ももちろんしっとり!でも甘さは生地のほうがあって、合わさってまた幸せ~❤★春黄金「こずえより春を手繰るや黄金花」山茱萸は、春に先駆けて...

【たねや】上生菓子 早春譜

0
今月のたねやさんの上生菓子です。★春一輪「乙女らの頬より紅い梅の花」寒中の梅は古くから早春のきざしと親しまれてきました。薄紅色の練切であらわした紅梅です。こし餡・薯蕷練切製いつもの練切さんです。しっとりしてて、なめらかなこしあんが最高❤★雪割桜「降りつもる雪を友とし咲く花よ」やがておとずれる雪解けを待たずに咲いた雪割草。早春の花を、きんとんであらわしました。つぶ餡・薯蕷餡製いつものきんとんさんです。...

【たねや】上生菓子 迎春

0
あけましておめでとうございます。おやつはじめは、お正月限定のたねやさんの上生菓子です。★門の春「紅白の花ほころびて今朝の春」笑う門には福来る。注連飾りの門からのぞく梅の花も淡くほころんで。薯蕷きんとんで咲き分け梅をあらわしました。薯蕷きんとん・粒餡製。定番の粒餡きんとんさんです。★初夢「白羊さそう夢路の初枕」羊が一匹、羊が二匹…。綿雲のような羊がいざなう夢の路(みち)。黒豆とこし餡を使った干支の未(...

【たねや】上生菓子 師走

0
12月のたねやさんの上生菓子です。★冬一輪「うらさぶるこころに灯る侘助や」冬枯れの庭に咲いた花の紅色は、まるで小さな灯火のように。ほころぶ紅侘助の花を薯蕷煉切であらわしました。こし餡・薯蕷練切製。いつもの薯蕷練切さん。これが1番華やかですよね。そして、安定した美味しさ❤★枯れ野「野を乱し我が背打ちゆく北颪」山から吹き降ろす風にみだれる冬枯れの野を、大納言入りの百合根きんとんであらわしました。百合根きんと...

【たねや】上生菓子 冬支度

0
ぎりぎり!年末までかな?たねやさんの上生菓子です。★垣根「山茶花や懐かしき歌くちびるに」落ち葉たきの景色も、今では歌に名残をとどめるばかり。なめらかな薯蕷煉切であらわした垣根の花です。こし餡。薯蕷練切製。うん、いつも通り、このこしあんねりきりおいしい。★から錦「深山路は木の葉時雨のから錦」紅黄朽葉、猩猩緋・・・唐渡りの錦のようにうつくしい紅葉を、永源寺産の黒豆と薯蕷きんとんであらわしました。粒餡・黒...

【たねや】上生菓子 晩秋

0
今日のおやつはたねやさんより。今月の上生菓子です!★籬の菊「垣を越え手にする菊は君がため」籬の向こうに垣間見た一輪の菊の花。薯蕷練切でたおやかな菊をあらわしました。こし餡・薯蕷練切製。相変わらずこの練切美味しい❤ねっとりしてて、甘すぎなくて、あんこがしっとりしてて❤★黄葉ず「野を山を染めゆく秋のひそやかさ」木々の葉が色づくことを「黄葉ず」と言います。細やかな薯蕷きんとんで色づく秋をあらわしました。粒餡...

【たねや】上生菓子 秋の夜長

0
今月の上生菓子です~★里だより「月よりも円なるかな里の秋」みのりなす月へのお供えは、豊かの秋の里だより。採れたばかりの里芋をあらわした薯蕷煉切です。こし餡。薯蕷練切製。ねっとりした生地にねっとりしたこしあん。この調和がたまんない!あ~、素朴だけど美味しい❤★露菊「菊花よりこぼるる露もかぐわしき」夜もすがら、菊の香りをうつしとった露は清らかに。薯蕷きんとんで、菊に宿った白露をあらわしました。粒餡。薯蕷...

【たねや】上生菓子 初秋

0
今月のたねやさんの上生菓子です。期間ぎりぎりでゲット・・・...

【たねや】上生菓子 涼菓

0
今月のたねやさんの上生菓子です。★みおつくし「夕凪に漕ぎだす水主のみちしるべ」河口や湊に立て、水深が深く舟の航行ができる場所を示す杭を澪標といいます。香りさわやかな吉野羹で水のしるべをあらわしました。小倉羊羹・吉野羹(生姜風味)製。つるんとのどごしもさわやか。ふわ~んと控えめに広がる生姜の風味がすごくいい感じ。上品な羊羹ですな・・・★そこ紅「夏の日を数えるたびに花は落ち」一日で花が落ちる木槿は、次々...

【たねや】上生菓子 梅雨の里

0
今月のたねやさんの上生菓子です。★ささゆり「手折る手を咎めるように百合香る」新緑のなかに見えかくれする仄白い笹百合。匂いたつ初夏の花を薯蕷練切であらわしました。(公式より)こし餡。薯蕷練切製。外生地がお饅頭の味。中のこしあんはさっぱりねっとり甘さ控えめ。とにかく上品!美味しい!★雨「蛇の目傘そっと見送る梅雨の花」紫陽花は一雨ごとに花の色を深めてゆきます。道明寺と吉野羹の紫陽花を葛でしっとり包みました...

【たねや】上生菓子 薄暑

0
さあ、いつぞや宣言した通り、今年は上生菓子も攻めていきたいと思います。たねやさんが1番買いやすい場所にある&大好きなのでたねやさんを中心に。★風薫る「ふる里の水際に揺れるかきつばた」さわやかな風わたる里の水辺。すらりと葉を伸ばした杜若(かきつばた)を薯蕷煉切であらわしました。(公式より)中はこしあん。外は薯蕷練切。し~っとり!すんごいし~っとり!甘すぎないこしあんがほっこり。あ~、こういうの大好き~...

【永楽屋】上生菓子

0
2014.5.15の記録なんだかお抹茶が飲みたくなる気分になったので、夕ご飯かわり(笑)にお抹茶と上生菓子を頂きました。今月の上生菓子3種!写真に収められました❤私がいただいたのはこちら。★野遊び上用饅頭です。中はこしあん。しっとり、王道なお味です。だがそこが良い。★唐衣ういろう生地。中は小豆粒あん。★緑蔭寒天。甘納豆入り。最近この季節の上生菓子にはまりつつあります・・・とりあえずたねやさんのものを制覇していこ...

【永楽屋】散りゆく桜 桜あん巻

0
永楽屋さん。ここはよく立ち寄るけれどこうやって和菓子を買ったのは初めてです。わらびもちはイートインしたことあるんだけどすんごく美味しかったのを覚えています。★散りゆく桜季節の上生菓子。こなしで小豆こしあん。こなしって白餡をベースにしてるあんこのことなんですね。甘さ控えめのしっとりとしたこしあん。しっとり練りきり。はあ~、お上品❤こういう季節の上生菓子を毎月食べたいんだけどなぁ・・・距離がなぁ・・・★...